外壁塗装・屋根塗装についてpainting

外壁塗装についてwall painting

外壁塗装について

外壁塗装の種類

塗料は種類によって耐久性、価格が大きく異なり、価格と耐久性は比例します。
耐久性の高い塗料は塗り替えの回数が少なくて済むので、住まいのメンテナンスサイクルを考えて塗料を選ぶ必要があります。

合成樹脂調合ペイント

一般的なDIY用の「ペンキ」の多くはこの合成樹脂調合ペイントで、耐用年数は3~5年です。
主に、一般建築物の屋内・屋外の鉄部、屋内木部に用いられ、安価になります。

アクリル樹脂塗料

自動車の上塗りや家庭用の電器製品や食缶などにも使用される塗料で、耐用年数は5~8年になります。
高温でも変色せず、色あせしにくく、ツヤが長持ちするのが特徴ですが、耐久年数が比較的短く、塗り替えが必要となります。

ウレタン樹脂塗料

主にトタンやアルミ、モルタル・コンクリートに塗装が可能で、伸び縮みをする木部にも最適です。
硬度や耐摩耗性が高く剥がれにくい、耐候性があり密着性が高いという特徴があり、曲面や細部の塗装にも適している塗料で、耐用年数は8~10年です。

フッ素樹脂塗料

主に、屋根、壁材、扉・フェンス等の住まいの外観部分や、玄関ドア、各種プラスチック建材等に適しています。
架橋鉄塔の塗装にも使用されており、耐用年数は15~20年になります。
ツヤ、光沢感が独特で、耐久性が非常に高い塗料です。
酸性雨や紫外線にも強いため、しっかりと屋根材を守ることができます


屋根塗装についてRoof painting

屋根の塗り替えの目安は、新築後7~10年といわれています。
屋根塗装のメリットは防錆、防水、遮熱・断熱、そして屋根材の保護です。
塗り替えを怠ると、最悪の場合葺き替え工事が必要となってしまいます。
手遅れになる前に、一度ご自宅の屋根を見直してみませんか?

屋根塗装について

屋根塗装のメリット

防錆性

棟板金やトタン屋根などの錆の発生を抑えます。

防水性

現在の雨漏りを止める性能はありませんが、将来の雨漏りリスクが低減されます。

屋根材の保護

スレートや金属部分の腐食が防止でき、屋根の葺き替え工事が不要または延期できます。

抗菌性

スレートのコケや、屋根下地部分のカビを抑えます。

遮熱性・断熱性

夏場は屋根表面から屋根裏や2F室内への熱が伝わりにくくなり、室温の上昇を抑えます。(遮熱性)
冬場は室内から屋根表面への熱が伝わりにくくなり室温の下降を抑えます。(断熱性)結果、1年中快適な室温を保つことができます。

塗り替え時期の判断方法

屋根を見ることで、おおよその目安が判断できます。
※2F・3F屋根の上は非常に危険ですので、業者に見てもらうことをおすすめします。

最近、「近所の現場で作業をしている。お宅の屋根が痛んでいるのが見えたので屋根の点検をしてあげる」という訪問商法の被害が増えています。こんな話し方は要注意です。

  • ① 塗装の艶はあるか?
  • ② 以前よりも色が薄くなったか?
  • ③ 屋根が白くなっているか?(チョーキング現象)
  • ④ 屋根が黒ずんだり、赤くなっているか?
  • ⑤ 塗装が剥がれ屋根材自体が見えているか?

費用対効果がいい時期は③~④の間です。
チョーキング現象が出てくると塗り替えのサインだとお考えください。